横浜近郊にあるバーチャルオフィス

起業を考えた時に仕事場をどこにするのか悩むケースがあります。会社を設立する時には会社登記をするために本店の住所が必要になります。起業や設立の時にはオフィスがあれば取引先からの信頼も高くなり、さらなるビジネスの発展も期待が持てるようになるわけです。しかし、オフィスを借りるとなると家賃が出来る限り安い物件を考えたいものですし、仮に職場を自宅の一室となった場合、高額なオフィスを借りるのでは無駄な出費になってしまいます。会社登記では本店の住所が必要ではありますが、人によっては自宅の住所を登記したくないケースもあります。横浜近郊のオフィスともなると人気が高いので家賃もそれなりにしますが、バーチャルオフィスならば低料金でオフィスの住所と電話番号をレンタル出来るので登記にも最適です。

オフィスを選ぶのなら人気の高い場所が良い

オフィスを構えるのであれば人気の高い場所が良いと考える人は多いと言えましょう。神奈川県の中では横浜に人気が集まっているので、このエリアにオフィスを作りたいと考える人は多いわけです。現実的に考えた時、人気の高いエリアはビジネスの拠点としては最適、しかし家賃が高くて支払いが難しいケースが多くあります。単に、人気エリアにオフィスを構える事を目的としている場合には、一般的なオフィスではなく仮想オフィスとも言えるバーチャルオフィスがお勧めです。住所と電話番号をレンタルするのが特徴で、月額4000円前後で利用する事が出来るオフィスもありますし、中にはフリーデスクスペースを持つオフィスもあります。フリーデスクの場合は住所や電話番号だけではなく、オフィス空間も利用出来るので起業を考えている人にもお勧めです。

市外局番にこだわりたい人にお勧め

横浜にあるバーチャルオフィスを利用した場合、会社の電話番号の市外局番は「045」になります。ちなみに、隣接する川崎市は「044」、鎌倉市は「0467」、藤沢市は「0466」などであり、横浜市と川崎市は3桁の市外局番になっています。名刺には電話番号や住所を記載する事になるわけですが、市内のバーチャルオフィスを借りた場合には「045」から始まる番号を記載出来るわけです。最近は、単に電話番号や住所を借りるだけではなく、有料で利用出来る個室の商談室や打ち合わせコーナーなどの設備を利用出来るオフィスや無料で利用可能なオープンラウンジなどの施設を用意している所も多くなっており、従来型の仮想型からレンタル可能な空間を持つオフィスなどに変化しており、駅から近い場所にあるので利用する時にも便利です。