横浜にあるバーチャルオフィスの探し方

バーチャルオフィスとは、実際のオフィススペースは持たずに、起業に最低限度必要な住所、電話番号、FAX番号などをレンタルできるサービスのことです。似たものにレンタルオフィスがありますが、こちらは実際の事務所となる空間を貸し出すことに違いがあります。その形態は多種多様で、東京などの住所を貸し、郵便物や顧客からの電話を転送するだけのものや、オペレーターが企業の代行として顧客に対応してくれるもの、会議室や個室を一時的に借りられるものなど様々です。横浜にはNPO法人が運営する大変ユニークなバーチャルオフィスがあり、地域密着型のサポートをしてくれるのが非常に珍しく、条件に会えば格安で利用できるために選択肢の1つになるでしょう。他にも横浜には不意に顧客が訪れてきても恥ずかしくない立派な外観のオフィスが多く存在しています。

デメリットを知ることで対策が取れる

起業の際、本社の住所は信用問題に関係することがあるためバーチャルオフィスは需要がありますが、デメリットも少なくないことに注意が必要です。まず考えられるのは法人銀行口座の開設や社会保険などの申請が難しくなることです。また起業資金に充てるため融資を申請したいと思っても会社の実態が無いと見なされ通らないこともあります。派遣業や古物商などの業種では許認可が取得できない可能性が高くなります。こうしたデメリットは利用する際にきちんと押さえておきましょう。もしも自分ひとりで経営していく場合や、自宅をオフィス代わりにするケースなどでは、選択肢に入ってきます。とにかく費用が安いことが魅力で、1か月数千円から借りられるところもあるため、お試しに短期間使ってみるのもお勧めです。

横浜で人気のバーチャルオフィスとは

サービス内容に何を求めるかをまず明確にする必要がありますが、住所や電話対応サービスをメインに考えるならば数千円から利用できるところがありますので、お安いところを試しに使ってみるのも良いでしょう。電話対応も企業の顔となって丁寧に対応してくれるところもあり、信頼度を挙げるのに有効です。特に横浜以外ではなかなか見られないようなNPOによるオフィスでは、地域の新聞や商店街などとも連携した独特のサービスがうけられるのが魅力です。頻繁に実際のオフィスをレンタルしたい場合では、湘南に面したシーサイドスタイルのオフィスや、顧客に恥ずかしくない美麗な外観のビルを持ち、個室や会議室を貸してくれるところもあります。臨機応変に部屋に社名を掲示するサービスを行ってくれる所もあります。