横浜にあるバーチャルオフィスの注意点

事業を行うには当然ながら、事業所を構えなければなりません。業務を行う場としても利用できますし、業者がそこに存在するという確かな証拠になります。早速、事業所を構えたいところですが、建物が必要ですので多額の費用がかかってきます。事業者が建物を購入する場合、資金力のある大きな会社でもなければ難しいでしょう。そこでビルの一室を借りるような方法を用いるのが便利ですが、賃貸で借りるにしても毎月の賃料を支払わなければならなくなり、事業内容によっては大きな負担になりがちです。資金力がない事業者が事業所を構えるなら、バーチャルオフィスが最適です。横浜周辺で仮想的なオフィスを利用することができ格安なのがメリットですが、注意点について確認してから契約することが大切です。

似たような住所の事業所が多く怪しまれる

不動産価格が高い人気の地域で事業所を構え、住所を利用できるのがバーチャルオフィスを横浜で利用することのメリットです。メリットである反面、あくまでも仮想的なオフィスとしての存在で、他の事業者も仮想的なサービスを契約し、似たような住所を使っていることが割とあります。取引先や顧客が事業者の公開している住所を元に、インターネットで検索して調べると、似たような住所を持つ事業者がたくさん見つかって、怪しまれてしまう危険について注意しなければなりません。仮想的なオフィスという便利な機能を利用して、悪用する業者も存在します。悪質な業者だと勘違いされてしまうと事業に支障をきたしてしまいます。許認可に関わる事業を行う際に、仮想的なオフィスでは認められない場合があります。

銀行口座や融資の審査への影響について

取引によってお金を受け取る際に、必須となるのが銀行口座です。法人口座を作る例も多いでしょうが、バーチャルオフィスを使って横浜で事業所を構えると、銀行口座の開設に関する審査が厳しくなるリスクを持っています。近年では銀行口座を使った金融犯罪を防止するために、金融機関のチェックがとても厳しくなってきていますので、仮想的なオフィスを本社として申し込むと認めてもらえない場合について、予め覚えておく必要があるでしょう。心配であれば、仮想的なオフィスを提供しているサービスの業者に相談してください。金融機関についてのアドバイスの有無で、業者選びを行うのも有効です。自治体による起業のための融資サービスで、認められない場合があります。起業前に自治体に話を聞いておくと安心です。