横浜にあるバーチャルオフィスの注目ポイント

バーチャルオフィスを直訳すると仮想事務所などの意味になります。仮想事務所とは、仕事をするためのオフィス空間はないけれど、オフィスに必須の電話番号や住所が存在しているのが特徴です。例えば、自宅を職場としている個人事業主などが会社を設立登記する時、自宅を登記の住所として使いたくない時などに利用する人が多いのです。仮想事務所は住所や電話番号をレンタル出来るので、設立登記に住所を借りて法務局の登記所で登記申請を行う、仕事は自宅のスペースを使うなどが可能になります。さらに、人気の高い横浜などにオフィスを構える事が出来るのもメリットの一つになっています。人気エリアにオフィスを構えるとなれば、初期費用が高額になり、家賃も高く支払いが大変ですが、住所及び電話番号をレンタルすれば実質上のオフィスを人気エリアに持つ事が出来るのです。

人気エリアにオフィスを持つ大変さと魅力とは

横浜市は神奈川県の中でも最大人口を有する都市であり、神奈川県は東京都に続き2番目に人口が多い県などの特徴を持ちます。人が多く住む街には企業オフィスも多く集まるのでビジネス拠点としての価値が高いと言えましょう。ビジネス拠点としての価値が高いエリアは、企業側もオフィスを設置しておきたいエリアでもあり、オフィスを貸し出す側も、人気エリアにある物件は家賃設定を高くする事が出来るわけです。しかし、オフィス借りる側にとって、家賃が高いと入居費用が高額になるなどのデメリットになります。オフィスを借りる時には家賃1年分の保証金など高額な費用が掛かるため、人気エリアにオフィスを構えるのが難しくなります。その点、バーチャルオフィスは住所や電話番号のレンタルになるので、リーズナブルな料金で人気エリアにオフィスを構える事が可能です。

オフィスの市外局番は「045」になります

横浜エリアは人気の高いビジネスエリアでもあり、市内にオフィスを持ちたいと考える人も少なくありません。市内にオフィスを構えると、会社の市外局番は「045」になります。市外局番が「045」の会社は横浜にある事が明確になるので、会社の宣伝を行う時などにもアピールに繋がりますし、住所や電話番号をレンタル出来るバーチャルオフィスの場合も、電話番号の市外局番は「045」になるわけです。ちなみに、他のエリアで仕事をしている人でも、市外局番が「045」の電話番号になるのはバーチャルオフィスの特徴の一つでもあり、この番号に掛かって来た電話は転送が行われる、オフィスの住所に届いた荷物も、自宅などの職場に届けて貰えるなどのサービスを受ける事が出来るので、他のエリアからの人も利用可能です。